化粧水を塗るだけでは本当の保湿にはなりません

化粧水を塗るだけでは本当の保湿にはなりません

美肌の条件の一つには乾燥していない潤いのある肌が挙げられます。

 

保湿というとみんな化粧水を塗る事だと思っているかもしれませんが、それでは本当の保湿にはなりません。ここでは保湿について勉強しましょう。

 

保湿は化粧水でするのではない

 

たくさんの女性が保湿というと化粧水で水分を補う事だと思っているかもしれませんが、正しい保湿ケアとは肌内部の水分を抱えて離さない保水力のある成分が入っている美容液などを使う事なのです。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ美容液を与えて肌の保水力を高める事が大事です。

 

化粧水スプレーの本当

 

日中オフィスなどで仕事をしていると、エアコンなどの影響で肌が乾燥してしまう事があります。その時に便利なのがスプレータイプの化粧水です。しかしこれは化粧水が乾く時に肌の水分まで一緒に蒸発して奪われてしまうので、もっと乾燥するようになります。

 

日中に乾燥する原因

 

日中に肌が乾燥するという事は普段の保湿ケアができていない証拠です。特に朝のケアではファンデーションが崩れるからという理由で、乳液やファンデーションを省きがちです。でも、日中に乾燥していては困りますよね。ちゃんと肌になじませてからファンデーションを塗れば問題はないはずです。朝もしっかりと保湿するようにしましょう。

 

どうしても乾燥してしまう時

 

保湿成分を含んだ美容液を使っているのにそれでも乾燥するのなら、保湿成分の中でも高い効果があるセラミド配合の美容液の使用をお勧めします。

 

もし、もう既にセラミドが入っている美容液を使っているのに乾燥するようなら、セラミドの含有量が少ないかもしれません。使用している商品を見直してみましょう。40代以降の人ですと水分だけではなくて、油分も減るのでセラミド入りの美容液の上に、クリームなどを重ねるなどして油分もプラスするようにしましょう。保湿対策としては化粧水を塗る事が大事だと思っている人が多いのでは?でも本当に大事なのは保湿成分を含んでいる美容液を使い肌の保水力を上げる事が大事なのです。