ザクロエキスはダメージを受けている肌にこそ使っていきたい

ザクロエキスはダメージを受けている肌にこそ使っていきたい

日本では健康のサポートとしてザクロエキスがジュースになって販売が行われていますが、肌の塗ることによって色んな効果が期待できるため、美肌化粧品にもたくさんの商品が開発製品化されています。

 

ポリフェノールが含まれているため、果実自体も優れた美容効果が期待できますが、肌に効率よく浸透させるためには美肌化粧品を使ったほうがよく、ダメージを受けている肌にこそ使っていきたい化粧品です。

 

実の赤く熟した部分は甘酸っぱい果汁があり、抽出したエキスにはビタミンB2やナイアシンが含まれています。ビタミンB2は細胞の再生に関わる不可欠な成分で、肌荒れやニキビ防止にも効果が期待できます。ナイアシンは肌の細胞間脂質であるセラミドの合成を助けてくれるため、乾燥肌の人は積極的に利用していきたい成分です。塗布を続けていくことで、新陳代謝の活性化につながります。

 

ザクロエキスにはビタミンCも含まれていますが、シミのもととなるメラニンに効果的に働いてくれます。チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを抑えてくれて、メラニン色素がつくられにくくしてくれる機能があります。さらに抗酸化作用があるエラグ酸も含まれていることで、活性酸素から肌を守り美白効果が期待できます。ザクロエキスに含まれているエストロンは、女性ホルモンに似た働きがあって、ホルモンバランスが崩れ得ることによって起きやすい肌トラブルに対して効果が期待できる成分です。

 

ザクロエキスに含まれるビタミン類には、陽の光に弱く分解されてしまうものもあるので、朝出かける前に塗布するよりも、帰宅後肌のケアを行うときに塗るほうが効果が期待できます。肌の修復も寝ている間のほうが活発に行われるため、サポートとなる成分は寝る前に肌にたっぷりと染み込ませます。肌にストレスが溜まると知らずに細胞内に毒素が溜まって、肌荒れを起こしたり炎症を起こすこともあり、デトックス効果も期待できる成分を塗布することで、1日の肌の疲れをリセットすることができます。

 

美肌化粧品にザクロエキスが用いられているものはたくさんありますが、高い保湿機能が期待できるので、美容液や化粧水などに利用されているものを選び、肌にうるおいを与えてその上から美容クリームなどを塗って蒸発しないように油分でフタをするようにすれば、乾燥肌の改善はもちろん、肌荒れによって発生している小じわやくすみも徐々に解消できる期待が持てます。

 

抽出方法によっては、せっかくの天然成分が失われてしまう事があるので、まるごと含まれている美肌化粧品を購入して使い続けるようにすべきです。低温処理が行われていると成分が壊れにくくて、有効性が高まります。肌のターンオーバーには1ヶ月ほどを要し、あれている場合にはそれ以上かかることもあるため、肌に目に見えた効果があらわれるまで1ヶ月以上は塗布を続けたほうが良いです。体質などもあるため、それ以上使っても変化が感じられない場合には肌にあっていない可能性があります。